壁掛けテレビのメリットと固定金具の選び方、マンションにおける注意点

近年テレビは薄型化・軽量化が進み、デザイン性の高い製品が増えています。以前は部屋の角や壁際に置くしかなかったテレビも、様々な設置方法を取れるようになりました。とりわけ「壁掛け」ができると、インテリアにこだわる人が喜ぶ話も多く聞かれます。テレビを壁掛けすればリビングが広くなり、スペースの有効活用が可能です。部屋の雰囲気もスタイリッシュになり、生活そのもののテンションを上げてくれる設置方法と言えます。
また壁掛けには映像が浮かび上がって見える利点もあり、臨場感を楽しむ事ができます。ホームシアターや音響システムも組み入れれば、さながら映画館にいるような憧れの環境が手に入ります。見た目をさらに良くするため、壁の裏側に配線を埋め込む工事を行うのも可能。子供がコードを引っ掛けたり、ペットが噛んだりするリスクも軽減できます。
壁掛けにあたって、重要になる部品が固定金具。壁に金具をビス止めし、そこにテレビを引っ掛ける方式が一般的です。金具の選び方はテレビとサイズが合うのはもちろん、固定するビスと壁の箇所が合っているかも確認しましょう。テレビに金具がすっぽり覆われて見えなくなる等、デザイン性も重視したい所。取り付ける位置はソファに座った時などの目の高さ、またはそれより低めなら首が疲れません。
心配になるのは壁の強度で、石膏ボードなど一般的な材質は補強工事を行います。工事はマンションでも可能ですが、特に賃貸の場合は壁に穴を開けて大丈夫か大家に確認しましょう。また工事の時間帯も近隣からクレームにならないタイミングを選びたいもの。手順をふんだ工事で、快適な視聴環境を手に入れたいですね。